高額療養費制度を便利に使いましょう。

私たちが病院で診察を受け治療を受けるとき、窓口で支払う治療費は、実際にかかった治療費の3割というのが一般的ですね。普通風邪とかで診察を受けて薬をもらったときは、窓口での支払いは2000円程度でしょから、あまりその費用については気にしないのかもしれませんが、実はこの社会保険制度の中に、ものすごくありがたい制度があるのはご存知でしょうか?

その制度は高額療養費制度といいます。

この制度は、重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となるため、そのため家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される制度です。(社会保険料のHPより

これを読むといったんは立替が必要なように思えますが、そんなことは実はないんです。

手術が必要な大きな治療を受けるとき、よほど緊急の処置が必要でない限りは、かなりの確率で前もって治療費が多くかかることがわかっていますね。そのような場合は、治療にかかる前に、前もって社会保険庁へ申請をするのです。

そうすれば窓口で立て替える必要はないのです。

もちろん最低の負担額までは支払わなければなりません(概ね8万円から9万円くらい:入院する部屋や食事の内容によって若干の差はあります。)しかし、一時的にせよ30万円を超える治療費を立て替えようと思ったら、それだけでも頭が痛くなってしまいます。

そのほかにもいろいろと細かい条件がありますので、詳しくは社会保険庁へお尋ねして確認してください。⇒社会保険庁の高額医療関連ページ

ちなみに私が以前狭心症の治療をするために入院したときの手術台は28万円でしたが、先に申し込みをしておいたので、窓口での負担は8万2千円ほどですみました。

申し込みをしてから、受付の保険証のようなもの(正式な名称は失念しました)が届くまでに1週間程度はかかるのでそのくらいの時間がかかることについては注意が必要です。



画像の説明
高額医療制度の使い方や、健康保険のお得な使い方については、無料相談を利用してFPさんへ相談するといいですよ。無料で相談しても、しつこい勧誘や電話は全くありません。

安心して相談できるのはイエローカード制度を採用している会社です。
ここの会社では、もししつこいFPがいたとしても、「あのFPイエローカード」と会社に連絡すれば、会社がそのFPに厳重に注意してくれます。

イエローカードを採用していて安心して相談できるのはこちらの会社です。

画像の説明

内部リンク