解約しないで保険料を節約する方法

保険料を安くするために、保険料の見直し相談を紹介しているわけですが、見直しの後、もとの保険はどうすればいいでしょう。

「もう不要だから解約して払い戻し金をもらう・・・」それもひとつの手段だと思います。しかし考えてみてください。解約して戻ってくる返戻金って微々たるものです。
それよりもこのような方法はいかがでしょう。その保険に価値があるのであれば、解約という最終手段を取る前にもっと他の方法をおすすめします。

その方法とは

『減額』保険金の一部を減額してその分保険料を安くする方法です。(一部分だけを解約するというイメージです)
『払済保険』保険料の支払いをストップしてその時点の解約返戻金をその後の保険料にあてます。保険期間は変わりませんが、保険金額は小さくなります。
『延長保険』保険料の支払いをストップしてその時点の解約返戻金を定期保険の保険料にあてます。保険金額は変わりませんが、保険期間は多くの場合短くなります。

ご存知でしたか?このように保険料の支払いをやめて保障を残すこともできるのです。
特約が消滅してまったり、加入している保険の種類によっては利用できない場合もありますが、必要な保険を解約してしまう前に一度、保険会社に問い合わせるなど検討してみる価値はあると思います。

いくらかの保障が残るのであれば、その保障分は新しく見直した保険から、保障料を下げてもいいわけですからね。

このような制度、保険会社の人は、なかなか教えてくれないのですね。
FPであれば、このような制度も熟知してますので既存の保険を活用した見直しにも対応できます。
実際に私はこの方法をFPから教えていただいたのです。

ここがポイント
こまった時の保険の相談は無料相談を利用するといいですよ。意外に普通は知らない抜け道てきな方法があるのです。
そのようなお得な使い方については、
無料相談を利用してFPさんへ相談するといいですよ。無料で相談しても、しつこい勧誘や電話は全くありません。

安心して相談できるのはイエローカード制度を採用している会社です。
ここの会社では、もししつこいFPがいたとしても、「あのFPイエローカード」と会社に連絡すれば、会社がそのFPに厳重に注意してくれます。

イエローカードを採用していて安心して相談できるのはこちらの会社です。

画像の説明

内部リンク