3っつのステップバナー

老後の生活が心配な方は

老後の生活の不安をとりのぞくために

画像の説明

生命保険についての考え方に、「死亡リスク」「医療リスク」「長生きリスク」というものがあります。

死亡リスクとは、家計を支える方に万が一のことがあった場合に、残された遺族の収入を得る方法がなくなり、今までのような生活が送れなくなってしまうリスクです。

医療リスクとは、ケガをしたり病気になった場合に、高額な医療費(主に手術費用や入院費用)を支払わなければならないリスクです。

長生きリスクとは、間単に言うと、長生きした場合のリスクのことです。長生きできるということは良いことですが、老後に必要な生活費は増加しますね。また、高齢になると医療費が増加したり、介護費用が必要になったりする場合もありますね。

老後の生活が特に心配であるという方は、生命保険を考えるときに、この「長生きリスク」を重視する方だろうと思います。最近の保険の中には、このような「長生きリスク」へ対応するものが多く出てきています。

今まで生命保険の多くは「死亡リスク」へ対応するものが主流でした。しかし実際には、多くの方が無事に老後の生活を過ごすことになります。生命保険に加入するのは、あくまでも万が一のときのためであり、最近ではこのリスクはあまり重視されなくなってきています。



老後の準備は早い段階からの準備が大切です。

画像の説明

例えば30歳の方で60歳まで働いて、60歳から80歳まで生きた場合に、60歳で定年を迎えた時に余生はさらに20年あるわけです。

日本人の平均寿命は男性で79.8歳。女性で86.3歳です。ということは、すくなくともこのサイトをご覧になっている方のうち半分の方は、80歳以上まで生きているという確率が高いということです。平均とはそういうことですよね。

30年もの残りの人生こことを、きちんと考えないわけにはいきません。逆算をして、ゴールを決めていくらかかるか計算して、今から手を打てば間に合いますが、50歳から考えたのでは間に合わないかもしれませんし、間に合うにしてもそこからの負担が大きくなっていまいます。

老後はどこで、どのように暮らしたいか?そのためには生命保険はどのようなものにするか?資産はどのように運用するか?早い段階から老後の資金の準備をしておくことは、いま必要なことなんです。



老後に必要な資金

老後を健全にハッピーに暮らすために、いくら必要なのでしょう?

こちらのサイトで老後に健全な生活を送るために必要なお金についての説明が、様々な視点から紹介されています。
老後にかかるお金[マネー]All About↓

http://allabout.co.jp/finance/gl/928/

このサイトを見ると、老後にどのくらいの資金を準備しておかなければならないかわかります。そうしないと最後のゴールでお葬式も迎えられないことになります。思った以上に老後にお金を残すことが大変なんです。

しかし一方では社会保障や年金などで、過度な心配は必要がないこともわかると思います。今あなたに必要なのは、いったいいくら必要なのか把握することだと思います。

生命保険の無料相談サービスでは、お金の専門家であるFPが的確にアドバイスをしてくれます。無料相談という機会を通して、始めて一回考えることによって、老後の生活に対する意識は大きく変わります。

保険というのは、もし万が一うまく行かなかった時のためのリスクヘッジになります。掛け捨ての保険などは出来るだけ少額にして、、老後に備えた貯蓄も出来る商品がたくさんありますので、詳しい保険のFPに相談することは、今の段階であなたに必要なことだと思います。



老後に必要な資金の相談をするためには

老後に必要な資金についての相談は、お金の専門家であるFPに相談するのが一番です。保険料見直しに関するFPへの相談は無料でできます。こちらのページで当サイトの管理人自らが、FPへ無料相談をした体験をランキングで紹介しています。厳選した、ランキングですので、あなたの保険選びに、どうぞお役立てください。⇒管理人がおすすめする生命保険無料相談サービスランキング

3っつのステップバナー



内部リンク