わかりにくい保険用語をわかりやすく解説

このサイトの中で利用している用語をわかりやすく説明しています。

簡易生命表

毎年の人口動態統計の死亡数と、10月1日現在の推計人口を用い、簡略化された計算によって算定された死亡率を表示したものであります。
国勢調査が、一定年次(5年ごと)にしか行われないこと、しかもその整理に日時を要するため、新しい完全生命表の作成が調査対象年より数年も遅れることによる、統計の時間的ズレを補う役割を、この簡易生命表が果たしています。

終身保険

死亡保障が一生涯続き、死亡したときに死亡保険金が支払われる保険です。
満期保険金はないが、定期保険と異なり解約返戻金があるので必要に応じ一時金で受け取ったり、保険料払込満了後、生涯の保障に代えて年金支払や介護保障などに移行できるものもあります。
定期保険よりは保険料が高く定期保険と同様に死亡した場合のみ、死亡保険金が受け取れます。保険期間は定期保険と異なり一定ではなく、一生涯死亡保障が続きます。

定期付終身保険

終身保険に定期保険特約を付加したもので、保険料払込期間中に死亡したときは、終身保険の5倍、10倍、20倍といった死亡保険金が受け取れる保険です。
保険料払込満了時に一生涯の保障にかえて、年金受取り、介護保障等を選択できるものもあります。
保険期間は一定で、その間に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。
満期保険ではありません。

FPとは

FPとはファイナンシャルプランナー(Financial Planner)またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略でファイナンシャル(財政上)のプランナー(立案者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。生きていくうえで経済面、とくにお金の問題については常についてまわります。 個人でこれからの計画や、今後起こりうる問題を判断するのはとても不安です。 FPはそのような個人または法人にアドバイスという裏づけを与え、 事前に対策をしてくれるお金のプロです。

もっと詳しい用語をお知りになりたいかたへ

もっと詳しい用語をお知りになりたいかたは、別サイトを設けていますのでこちらでお願いします。保険用語・保険のよくある質問と回答の紹介サイトへ

保険用語・保険のよくある質問と回答の紹介サイト*

内部リンク