生命保険の引き受け条件について紹介します。

生命保険会社は誰でもお客様にしてくれるわけではありません。強引に勧誘する割には。締結には慎重であったりします。健康な人とそうでない人とでは、危険の度外が違うわけですから、当然保険料にも差が出てきます。この引き受け条件をクリアーしないと、加入できないのですが、その基準や仕組みはかなり複雑です。

健康状態の制限

職業の制限ということではないとしても、一般の方にとって一番のやっかいなのが、健康状態のチェックということになるでしょう。特に言われるのが血圧、血糖値、肥満によるもので、健康状態に応じて、一定期間の保険支払い金額の削減や保険料の割り増しなどの条件がつく場合があります。

健康状態による引き受け制限は、加入を検討している保険会社によってまちまちです。したがって健康に心配がある人は、FPに相談するとその状態によって加入できる保険や、制限が設けられていない保険などの相談にのってくれます。

年齢の制限

年齢による引き受け制限もあります。上限も加減もあり、ゼロ歳ではは入れない保険もありますし、高齢では加入できない保険もあります。

職業による引き受け制限

職業の制限もあります。競輪や競馬、プロボクシングの選手などの危険な職業の方は加入できなかったり、制限が設けられたりします。

告知義務違反は損

生命保険には「告知書」だけで加入できる保険金の範囲、簡単な面接で加入できる保険金の範囲があります。それを超える保険金に加入する場合は、医師の診断書や検査の結果が必要であったりします。病歴や持病がある場合は、医師や面接官に正直に告知することが何よりも大切です。虚偽の申請をして加入したとしても、請求の際にばれますので保険金も給金ももらえません。「告知義務違反」はそこまで厳しい対応なのです。

もし「あの人がいいと言った」とFPや営業マンを名指ししたとしても、認められません。

一緒に対策を考えてくれるFP

引き受け条件のつき方は保険の種類によっても異なります。例えば尿の検査で「+1」という値が出た場合、定期保険には保険金削減や割り増し保険料などがつく場合もありますが、貯蓄重視型の保険であれば、標準体と同じに引き取ってもらえることもあります。

このように、保険の引き受け条件については、細かい区分があります。
一つの保険では加入できなかったとしても、他の保険会社の商品では加入できるものや、条件を変えることによって加入できるものがあります。


こちらのサイトで詳しく紹介されています。健康に不安があるから保険に加入することをあきらめていたかたは、資料請求や相談は無料ですので気軽にお問い合わせをされてはいかがでしょう。

保険マンモスの無料保険相談

画像の説明

画像の説明
「無料相談する」をクリック⇒右列のサイドメニューから「健康に不安がある方は」をクリック
※「無料相談をする」をクリックしても、申込みにはなりませんのでご安心ください。


健康に心配がある方でも加入できる保険について調べる

画像の説明




内部リンク