生命保険の引き受け条件を知っていますか?



このページでは生命保険の引き受け条件について紹介しているページです。

生命保険の引き受け条件を知っていますか?

生命保険の契約はだれでもできるわけではありません。健康状態によったり職業によっては制限がつく場合があります。
入り立いと思う保険の引き受け条件については、プロのアドバイスを貰うのが一番です。

年令、職業の制限

生命保険会社はだれでもお客さんにしてくれるわけではありません。強引に勧誘するわりに、契約の締結については慎重であったりします。生命保険会社は危険選択をして、さまざまな制限や条件を付けることがあります。このように生命保険に加入することを引き受けてくれる条件のことを、引き受け条件といいます。この引き受け条件や適用はかなり厳しいものです。

年齢制限についていうと、上限と下限が決められていて、ゼロ歳では入れない保険、高齢になると入れない保険などもあります。
職業について言えば、モーターボートや競輪、競馬、プロボクシングの選手などは加入ができなかったり、制限が加えられたりするものもあります。

健康状態による引き受け条件

生命保険の引き受け条件のうちもっとも細かいのが健康状態のチェックです。とくによく聞かれるのが、血圧、血糖値、肥満によるものです。健康状態に応じて保険金の削減や割り増しなどの条件が付く場合も少なくありません。その基準は生命保険会社によって異なっています。どこの会社がどのような制限を設けているかは、一般的にはわかりませんので、プロに相談するのが一番です。

告知義務違反は結局損になる

生命保険では「告知書」だけで加入できる保険、簡単な面接で加入できる保険、医師の検査によって加入できる保険などがあります。病歴や持病がある人は、医師や面接官に正直に話すことが大切です。例えば営業マンに相談して虚偽の申告をして加入した場合でも、営業マンには告知j受領権はなく、結局契約は解除になり、支払った保険料も帰ってこないということがありますので注意しましょう。

一緒に対策を考えてくれる無料相談FP

FPに正直に相談した場合、対策を一緒に考えてくれる場合があります。健康に不安がある場合は、あらかじめ保険料が高くなってもいいプランにすることで加入することができます。以前は薬を飲んでいると加入できないといううふうたnことがありましたが、きちんと告知をすることで加入することができますので、FPに相談してみましょう。1社で断られても他の会社で加入することができるといった場合もありますので、あきらめる必要はありません。