生命保険節約の無料相談についての情報を紹介する理由

画像の説明

初めて保険を選ぶとき、なんとなく保険レディのすすめに従って、深い考えも無く加入したかたが多いのではないでしょうか。特に男性のかたは、そのような傾向が多いのではないかと思います。

私は自分の保険を見直ししなければいけない事情があり、今加入している生命保険の外交員にヒアリングをしてみました。そうすると「ウンッ!??」「ヘッ!??」「そうなの??!」っといった事態に陥りました。「そんなの聞いてないよ!!!」といった事柄が次々に出てきたのです。

保険会社へ問いただすと、「きちんと説明をしているはずです!!!」ということでした。生命保険の計画書と証券と約款で改めて説明をされました。確かに説明を真剣に聞いてみると、「昔そのようなことを説明されたような気がする」ということにはなったのですが・・・。

しかし考え直してみると、そのようにわかり難い保険や生命保険の説明のしかたにも、問題があると思うのです。もしかしたら、わざとわかりにくくしているのではないか?と、穿った見方をしたりもしてしまいます。



年間の保険料を20万円近くも節約・・・

わたしは保険料の見直しをすることにしました。どこに頼めばいいのかわからないので、インターネットで適当に選んで生命保険の節約の無料相談サービスを利用してみたわけです。

その結果、私は保険料の見直しの節約の無料相談をして本当によかったと思っています。加入している保険の問題点もわかりましたし、保険に詳しくなりました。

一番助かったことはことは、保険の節約の無料相談サービスを行ったおかげで、保険について詳しくなり保険の内容に納得した上で、しかも年間の保険料を20万円近くも削減できる目処が立ったということです。

私の体験の様子はこちら⇒管理人の体験紹介

画像の説明

保険の相談は、積極的にするべきだと思います。若い時、特にバブルがはじけた後に加入した方は、老後に資金が足りず、自分の葬式代も出せず、辛い思いをパートナーへかける可能性があります。その当時加入した保険では、保険料を安く抑えるために、終身保険の部分が少ない保険に加入させられている場合があるからです。実はこれは大きな問題なんです。


右の図は私の保険の設計書です。生命保険の節約の無料相談の時にFPへ見て頂いたものです。赤枠の中は私の終身部分です。満期までこの保険に入っていれば、私が死んだとき200万円は支払われるというわけです。11000万円近く払ってたった200万って思いました。だけどそのFPが言うには、まだいいそうです。バブルの後加入したものは、この終身部分がゼロだったりするものがあります。

言葉巧みにそのような保険に切り替えさせられている場合がありますので注意が必要です。


最近では、当時はなかった保険のメニューで、もっと進んだ保険も出ています。保険の節約の無料相談について、「なんだか怪しい~」とか「しつこいんじゃないの?」とか感じるかたもいらっしゃると思います(私もそうでした)。しかし私が体験した限りは全くそのようなことはありませんでした。


逆に「このように加入するかどうかわからない私に、こんなにも時間をとって、こんなにも丁寧に教えていただいて、申し訳ない」っといった思いでいっぱいです。それほどまでに役に立つ情報を教えて頂けたわけです。

(保険の裏側もたくさん知ることができました。興味がありましたら、私の無料レポートをご覧ください。サイドメニューからダウンロードできます。)

役立つ体験をしたので、困っている人に紹介しようと思いました

このような生命保険節約の無料相談が役に立った経験もあり、このサイト「~口コミやうわさ,評判などを厳選してピックアップして紹介しています~」で、私の体験や口コミ・評判などを紹介することにしたわけです。


私の体験や他の人の口コミやうわさを紹介することで、あなたの生命保険見直し節約の無料相談サービスに対する不要な不安が解消されるといいなと思いました。

画像の説明

あなたが私が体験したのと同じように生命保険節約の無料相談を行い、役に立つ情報を得て、保険を選ぶときの参考にして頂ければと思ったわけです。他の方の口コミの引用先についてURLを記載していますので、詳細にご覧になりたいかたは、そちらのサイトもご覧下さい。


生命保険節約の無料相談を利用しこのサイトをお役立ていただき、あなたがハッピーな保険ライフをおくれますことを、こころからお祈りしています。

内部リンク