学資保険の口コミ掲示板

あなたが体験した学資保険の口コミの投稿をお願いします。

加入の決め手は貯蓄性の高さです

  • 投稿者:うっちゃん 50歳 男 京都府

小学生の娘がおりますので、将来に備えて学資保険の加入を検討しました。学資保険の意味からしましても教育費と万一の病気やけがに対する医療費確保は重要であると考えたからなのですが、どの保険を選択したら良いのか大変悩みました。結局加入したのはソニー生命の学資保険なのですが、こちらへ加入した決め手になったのは知人が加入していてお世話になっている外交員を紹介して頂いたことと、その方が大変わかりやすく保険内容の説明をして頂けたことであります。このソニー生命の学資保険の場合には当初考えていた医療保障の部分がカットされているのですが、その分返戻率がかなり高率に設定されておりますので、貯蓄性の高さに魅力を感じて加入することにしました。

大事なのは還元率とアフターフォロー

  • 投稿者:やす 35歳 男 福岡

子供の誕生と同時にかんぽ生命の学資保険に加入しました。災害や医療特約は付けずに主契約のみ貯蓄メインの契約です。健康保険があるので子供の保障の必要性は無いと思いましたので。契約は郵便局の窓口です。私の仕事柄転勤が多い為、全国各地でサポートを受けられるのはありがたいです。
学資保険の内容は死亡保険金抑制型です。万が一の死亡保障は減らしてあるのでその代わりに還元率は他の保険会社と比べても高いです。ソニー生命や日本生命の学資保険も還元率は高かったのですが、私が転勤になった時のサポートはどうなるのか聞いたらその地域の店舗から
担当者が来ます、ということでした。都市部では問題ないのですが田舎に転勤になって近くに店舗が無かった場合考えたらアフターフォローが不安になりました。
その点、かんぽ生命であれば問題ないと思ったのでこれが決め手になりました。

おすすめの学資保険

  • 投稿者:いーたん 34歳 女 大阪府

返戻率といえば、ソニー生命!とまわりのママ友達に聞いて、学資保険はソニー生命と決めていました。会社の名前は雑誌などいろんなところでもみたことがあったので、安心していました。ただ返戻率が高いと有名なのは、2013年までだったみたいで、保険料率の見直しにより、今はそこまでは高くないみたいです。ほかよりは高めというぐらいでしょうか。ほかの特徴は、満期が4つから選べる、支払いが4つから選べる、という風に、ここの保険は結構融通がきくこと。家計やお子さんの進む道にあわせて自由につくりあげるのもいいかもしれません。そして、ここは資料請求で紙ベースで申し込みというものをうけつけておらず、ライフプランナーさんという販売員さんと面談しないと契約ができないこと。プロといろんなことを相談しながら最適な保険を契約できると言ったことで安心できるかもしれません。

信用があり、プランが合う会社を選びます

  • 投稿者:はな、26歳、女、長野県

保護者の万が一のことも考えて学資保険に入るのですが、教育資金の準備が一番の目的なので、十何年という長い払込期間でも将来に渡って信頼のおける会社を選びます。また、払込期間、払込金額、受取時期が希望と合っているプランを提供している会社にします。長い払込期間の中で無理が生じて途中解約してしまっては、払込金額よりも戻ってくるお金が減ってしまうので、それだけは避けたいものです。そのため無理のない金額や時期設定ができる会社にします。
ソニー生命は有名で信頼もおけますし、返礼率が高くて払込期間、払込金額、受取時期を選べるという条件をクリアしているので、検討しています。数ヵ月後には子どもが生まれてくるので、日々の生活費の様子を見ながら無理のないプランを選んでいきたいと思います。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」に落ち着きました。

  • 投稿者:らんらん

戻り率が高くお得感のある学資保険を色々探していて、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」に落ち着きました。幼稚園、小学校入学時等の年齢ごとに祝金を受け取れるステップ型と、高校入学時に祝金を受け取れるジャンプ型があります。戻り率はどちらも110%くらいで、他社学資の中でも良い方だと思います。ちなみに私は戻り率の良いJ型に加入しまた。でも後から知ったのですがS型の年齢ごとの祝金は支払日に必ず受け取る必要は無く、支払日を過ぎていればいつでも受取可能とのことなので、S型でもよかったかな、と思っています。ちなみにフコク生命はサンリオと提携?しているみたいで、キティーちゃんがキャラクターになってて、証券もキティーちゃんが載っててかわいいです。あと営業の方からたまにキティーちゃんのグッズを頂けたり、キティーちゃん好きには良い会社だと思います。

返戻率と保険料を重視して選びたい学資保険

  • 投稿者:かもね 34歳 男 北海道

学資保険は目的に応じた選び方が大切だと考えています。
子供が将来病気や怪我をしたときにも備えられる医療保障も兼ねた学資保険がありますがその分返戻率が悪くなります。
保障の無い学資保険は何かあったときの保障は受けられませんがその分返戻率が良いです。
やはり学資保険は目的上子供の学資金を多く受け取りたいので返戻率が良いものを重視して選びたいところです。
保障して貰いたいのであれば別途医療保険に加入すれば良いかなと思っています。
その他にも重視しているのが保険料です。
保険料をお支払いした期間が短い場合に損をしてしまいます。
子供が大きくなってきてお金がかかるようになった時に支払いが難しくならない程度の保険料にしたいところです。

子供が産まれたら出来るだけ早く加入するのがベスト

  • 投稿者:サニー 35歳 女性 東京都

子供にかかる学費の総額は年々高額になっているのに、子供がまだ小さいといまいちピンとこなくてついつい学資の積み立てなどが後回しになってしまいがちだと思います。我が家もまったくそのとおりで子供が小学校にあがるまで学資保険の事など全く考えた事もありませんでした。これが大きな失敗だと気づいたのは既に時遅しという状況でした。大手の学資保険を色々と調べてみたのですがやはり子供が産まれてすぐの加入がベストで、しかも加入年齢はだいたいどこの保険会社も5歳から6歳までという状況でした。中には子供が産まれる前から学資保険に加入している人もいるそうですので将来設計は早ければ早い程良いということなのだと実感しました。我が家は結局、年齢制限ぎりぎり6歳からの加入をしましたが、保障内容はかなり不利になっています。でも自分でコツコツと学費を積み立てる自信もないので仕方なく加入しているという形です。

還元率の高い学資保険を選ぶのがお得

  • 投稿者:サニー

子供にかかる学費の総額は年々高額になっているのに、子供がまだ小さいといまいちピンとこなくてついつい学資の積み立てなどが後回しになってしまいがちだと思います。我が家もまったくそのとおりで子供が小学校にあがるまで学資保険の事など全く考えた事もありませんでした。これが大きな失敗だと気づいたのは既に時遅しという状況でした。大手の学資保険を色々と調べてみたのですがやはり子供が産まれてすぐの加入がベストで、しかも加入年齢はだいたいどこの保険会社も5歳から6歳までという状況でした。中には子供が産まれる前から学資保険に加入している人もいるそうですので将来設計は早ければ早い程良いということなのだと実感しました。我が家は結局、年齢制限ぎりぎり6歳からの加入をしましたが、保障内容はかなり不利になっています。でも自分でコツコツと学費を積み立てる自信もないので仕方なく加入しているという形です。

かんぽの学資保険に入って正解

  • 投稿者:じゅった 40歳 女 大阪

学資保険というのは子どもが小さい時であればある程加入すると有利だというのを聞きました。
なので、うちでは子供が生まれるという事が分かった時にすぐ加入するようにしました。
上の子の時は幼稚園に入ってから加入したので、大変保険料が高くなり、その反省の意味もありました。
加入した学資保険はかんぽの物で、窓口の人は丁寧に説明してくれたので、納得して加入する事が出来ました。
この学資保険は夫に万が一の事があった時には保険料は免除になりますし、そもそも生命保険会社の学資保険よりかなり安いので助かっています。
また次に子どもが生まれないとも限らないので、次に学資保険に加入する時もかんぽの学資保険に加入したいと思います!

学資保険はよく調べて、早く始めたほうが良い。

  • 投稿者:まいきー7 51歳 男 栃木

ゆうちょの学資保険をやっています。息子二人分をやっているのですが、小学生になってから始めたので遅くなってしまいました。学資保険についてよく知らなかったし、ゆう

ちょ以外のことも調べずに始めてしまいました。ネット銀行などがやっていることさえ知りませんでした。
子供が高校生になったころに他の生命保険の見直しを行い、いまやっている学資保険は払ったお金よりもらえるお金が少ないことを初めて認識しました。しまった、と思いましたが、今更変更する期間はありません。
今ならば調べればどんなところがどんな学資保険をやっていて、比較も容易にできます。子供が生まれたらすぐにでもどんな学資保険があるか調べて始めるほうがメリットが大きくなります。

ソニー生命学資保険のメリットについて

  • 投稿者:ゆうき 36歳 男性 広島県

ソニー生命の学資保険には大きなメリットがあります。
実際に私も利用していますが、数ある学資保険の中でもソニー生命のプランは払ったお金に対して戻ってくるお金が多い、つまり返戻率が高いと思います。
しかし、いろいろなプランの組み合わせによってその返戻率の恩恵を受けやすくなるようになっていますので、メリットを最大限に生かすにはしっかり保険の内容を検討する必要があると感じます。
ソニー生命の学資保険には大きく分けて、学資保険と5年ごと利差配当付学資保険があります。できる限り返戻率を高くしたいと考えるのであれば、無配当の学資保険のみを選ぶことをお勧めします。そうすることで、返戻率の上乗せが多くなり返戻率がとても高くなります。
ぜひ検討してみてください。

関連ページ