3っつのステップバナー

女性におすすめな保険は

女性におすすめな保険とは

女性特有の病気に備え手厚く保障するのが女性保険です。

画像の説明

女性だけがさらされているリスクがあります。例えば乳がんや子宮がんなどの病気は臓器そのものが女性にしか無いものだけに、女性特有の病気ですから、女性だけが持っている人生のリスクです。

また女性には、妊娠や出産、子宮や卵巣にかかわる病気など女性ならではのリスクがあり、比較的若い時期から病気にかかる可能性が高くなる傾向もあります。

厚生労働省平成17年患者調査によると、乳がんは40代から、子宮筋腫も30代からリスクが高まります。

女性だから背負うリスクに、できるだけ早い時期から備えておくのが安心です。



女性保険に加入する時期

女性保険の加入する時期は、妊娠前に加入することをおすすめします。

画像の説明

最近では帝王切開により出産する人の割合は15~20%です。つまり妊婦の5~6人に一人は帝王切開手術を受けています。

一方で、近年では出産年齢が上がってきていることから、帝王切開で出産する妊婦の割合は年々増加しています。

妊娠が分かってから女性保険に加入した場合、帝王切開手術や子宮外妊娠手術を受けても入院給付金・手術給付金はもらえない場合があります。

また出産経験がある女性が女性保険に加入しようとする場合、過去5年以内に正常分娩以外の出産や疾病(帝王切開・子宮外妊娠・切迫流産など)による手術や入院歴がある場合は、条件付きによる加入
(保険料があがったり、特定の手術に対して保険金が下りないなど)となることもあります。

このようなことから、女性保険への加入の時期は妊娠前をおすすめするわけです。



女性保険を選ぶときに注意すること

保険会社各社が女性保険についてユニークな商品を発表しています。なかには女性でないとまず思いつかないような、細かく配慮された保障が含まれている商品もあります。

例えば東京海上日動あんしん生命「あんしんアミュレット」では、乳がんで乳房そのものを切除することになってしまった場合、保険診療外の乳房再建手術を受けた場合、100万円まで手術費用が保障されます。

このように女性保険はメリットが多いですが、注意することもあります。

それは他の医療保険に比べて保険料が高くなる可能性があるということです。

これは保険会社の販売戦略の一環に原因があります。

つまり女性保険にとって不要な死亡保障や積立ボーナスなどを特約でつけることによって、余分にお金を使わせようという意図が、見え隠れします。

このような保障は単純に女性保険に加入したいという方には、過剰な保障でしょう。

そういう方は基本的な医療保険に、女性特定疾病特約を付加しただけのシンプルな女性保険もありますので、そちらを選択すればよろしいかと思います。

画像の説明
女性のための保険選びについてはこちらのサイトが参考になると思います。
選び方のノウハウが充実しています。⇒保険マンモス公式サイト

画像の説明

女性保険のランキングをこちらで紹介しています。女性保険ランキング



3っつのステップバナー

無料相談をご検討中の方は、お急ぎの相談をおすすめします。
無料相談サービスをとりやめる会社が増えてきています。
今月になってとりやめた会社「保険見直し本舗」「保険のGIFT

内部リンク