医療保険アクセスランキング

『高額医療制度』というのをご存知でしょうか?

画像の説明

現在の社会保険制度では、保険の加入者はかなりの部分を健康保険で補うことができます。かなりの大病でも、入院や手術にかかる費用のうち十万円、二十万円程度が最終の自己負担額となっくる程度です。

とすれば生涯に、そう何回も大病や大怪我を負わないというデーターから考えると予め、50万円から100万円の預貯金を作り医療費用とし貯金しておくほうが医療保険に入るよりも、最終的には家計の負担にならないという考えもあります。

しかし万が一のことを考えれば、医療保険のほうが安心という考え方も当然あるでしょう。

例えはガン保険や先進医療保険などは、はいっておいたほうがよいともいえます。特にがん保険は保険料が安いので、家計に余裕があればお勧めします。がん保険でおすすめするのはネクスティア生命「カチッと終身ガン保険」でしょうか。

また安い保険料で、生涯変わらぬ保障が持てる保険の代表例はオリックス生命「CURE」とアフラックのEVERなどがあげらます。

医療保険のインターネットへのアクセスランキングを紹介します。どの保険もインターネットから資料請求ができるので、参考なさってばいかがでしょうか。

第1位 ネクスティア生命『カチッと医療』

画像の説明
  • 概要
    インターネット専業の生命保険会社「ネクスティア生命」が販売する定期型医療保険です。販売・営業をインターネット中心に行い、書類や人員コストを抑えることで大幅な保険料ダウンを実現しています。
  • 特徴
    • 最大の特徴は、1,000円台をきる破格の保険料にあります。特約なし・入院給付金日額5,000円プランの場合、30才男女ともに月額800円と驚異的な安さです。
    • インターネットならではのスピーディーな手続きも長所の一つで、加入者はインターネット上の「マイページ」から、保障内容の確認や登録情報(住所、メールアドレス等)の変更、保障額の減額手続きなどを行なうことができます。
  • 内容
    • 保険期間は10年間。期間終了後は保険契約が自動で更新。加入時の保障内容がそのまま継続。但し注意しなくてはいけないのは、保障額の増額や特約の追加などは不可。
    • 定期型医療保険の性質上、更新時の保険料は加入時保険料よりも高くなります。が、もともとの保険料が安く設定されているため、総支払額は、保険料の増額がない終身型医療保険と比較しても優位。
    • 保障内容は、入院時の保障限度日数が60日間、手術時給付金は入院給付金日額の10倍。生活習慣病などへの特定の保障はなく、終身型の医療保険に比較すると一歩譲る感があるものの、特約でつけられるがん保障(「がん特約」)の充実度には特筆すべきものがあります
    • 30才男女の場合、10年後(40才時)の更新保険料は月額920円、20年後(50才時)の更新保険料は月額1,425円※)
      ※更新保険料は、現在の保険料率で計算した更新保険料の目安であり、実際の保険料は、その時点の保険料率で計算されます。
  • 総評
    医療保険の保険料を安く抑えたい人、がん保障は手厚くしておきたいという人は要チェックの医療保険と言えるでしょう。

画像の説明




第2位 アリコジャパン『ネットでセレクト保険』


画像の説明
  • 概要
    アリコジャパンは、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始。今では多くの方が加入している「医療保険」※を含む20を超える日本初の保険商品を開発、現在も外資系大手生保のパイオニアとして「終身保険」や「定期保険」「ガン保険」「こども保険」「年金保険」など、数々の商品を取り揃えています。
  • 特徴
    そのアリコがネット上で提供している『ネットでセレクト保険』の最大の特徴は、医療保障を軸に自分で保障内容を決めることができる点にあります。ムダのない医療保険を考える上で必要な「何のために」「どのくらい」「いつまで」準備するのかを、申込者自身が自分のライフスタイルにあわせて選ぶことができます。
  • 内容
    • 例えば、保険期間を終身に設定、入院給付金日額:5,000円、手術保障付きのプラン(D01プラン)にした場合、保険料は30才男性なら月額1,685円、30才女性は月額1,645円になります。
    • さらに、入院・手術の保障に月々107円をプラスするだけで先進医療の技術料実額を最高1,000万円まで保障(通算支払限度2,000万円)する先進医療保障も特徴のひとつです。
    • 他にも豊富な特約の中からガンの一時金保障、死亡・高度障害保障、女性疾病への保障などを自由に選ぶことができます。。また入院給付金日額などの保障額も選択可能で、公的医療保険制度を踏まえた医療保障の必要額など、保障内容を考える際に参考になるコンテンツも充実しています。
  • 総評
    好きな保障を自分で自由に設計できる『ネットでセレクト保険』は、保険申込者の視点に立った非常に合理的な保険商品と言えると思います。

画像の説明




第3位 ライフネット生命『自分への保険』


画像の説明
  • 概要
    インターネット専業の生命保険会社「ライフネット生命」が提供する終身型医療保険。最大の特徴は医療保障に特化したシンプルな保障内容と、終身型の医療保険としてはトップクラスの安価な保険料にあります。
  • 特徴
    • 加入者は入院給付日額を5,000円・1万円・1万5,000円の3種類から選び、1入院当たりの保障限度日数(60日・180日のどちらか)と手術給付金(一律10万円)を追加するかどうかを選ぶだけ。手続きもインターネット上から24時間行なうことができます。
    • 支払い開始は申請書類の到着から5営業日以内をモットーとしており、そのための審査過程や、保険契約の約款(やっかん)、その他、民間の医療保険に加入せずとも、ある程度医療費がカバーされる「健康保険制度」や「高額療養費制度」といった公的医療保障の説明など、通常は見えてきにくい保険の情報をホームページ上で公開している点も評価が高いといえます。
  • 内容
    • 保険料の支払事由がわかりやすく、ケガ、病気、がん、7大生活習慣病、女性特有の病気の区別なく、1泊以上の入院から、加入者が指定した保障額が指定した日数分が支払われます。
  • 総評
    低コストで必要な情報を届けられるインターネットという媒体のメリットを最大限にいかした新しい時代の医療保険と言えるでしょう。

    画像の説明

第4位 アフラック

画像の説明
  • 概要
    外資系の大手保険会社アフラック「新EVER」は、アメリカンファミリーが販売する終身型医療保険。2002年の発売開始以降、数ある医療保険商品の中でも安定したシェアを誇っています。
  • 特徴
    最大の特徴は、「特約」のバリエーションと商品種類が豊富な点。『新EVER(エヴァー)』の基本プラン(主契約)は、その他多くの掛け捨て型医療保険と同様、通院保障や死亡保障などは付いていませんが、契約者の希望に応じて、「特約」でこれらの保障を追加することができます。また、60才からの保険料が半額になる半額タイプや、60才までにすべての保険料を払い込む払済タイプなど、関連の商品も多く、ライフプランにあわせて選択が可能です。
  • 内容
    • 手術時給付金は、手術の種類によって金額に差があり、大動脈手術などの大手術では入院給付金日額の40倍と、他の医療保険よりも手厚いです。
    • 入院時の保障日数は一律60日間に固定されているため、長期入院に対する保障にはやや不安が残るものの、こちらも特約をつけることで最大120日間まで延長することができます。
  • 総評
    基本プラン(主契約)のみでは、生活習慣病や長期入院に対する保障は厚いとは言えないものの、豊富な特約を追加して結婚や出産、子供の独立といったライフイベントに対応していくことのできる『新EVER(エヴァー)』は、一度の加入で一生を任せられる医療保険と言えると思います。

画像の説明

第5位 オリックス生命『キュア』

画像の説明
  • 概要
    信販大手オリックスグループが出資する保険会社「オリックス生命」の終身型医療保険です。
  • 特徴
    • 保障が一生涯続き、保険料が加入時のまま変わらない終身医療保険は、現在もっとも人気の高い医療保険の一つです。中でも『CURE(キュア)』は、2006年の発売開始以来、安価な保険料と手厚い保障で注目を集めています。
    • 最大の特徴は、特約をつけなくても必要な保障がきちんとカバーされている点で、たとえば「1入院あたりの保障限度日数」は、通常の事故・疾病では60日間ですが、7大生活習慣病(※)になると、2倍の120日間に延長されます。生活習慣病は入院が長期にわたるケースが多く、そのぶん費用もかかるため、保障期間の延長は嬉しいサービスだと思います。
  • 内容
    • 手術を受けた際に支払われる「手術時給付金」が充実しており、多くの医療保険が「入院給付金日額」の10倍(もしくは手術の種類によって10倍、20倍等)と規定している中、一律20倍に設定しています。たとえば虫垂炎切除や、帝王切開、靭帯観血手術(※)といった、死亡率は低いが発生頻度が比較的高い手術の場合でも、他の医療保険より手厚い保障を受けることが可能になっています。
    • 保険料は、特約なし・入院給付金日額5,000円のプランで、30才男性なら月額1,690円、30才女性は月額1,685円と、終身型医療保険の中では業界でも一、二を争う安値です。
  • 総評
    大きな病気にかかる不安が少ない20代~40代、とくに健康保険に加入しているサラリーマンのシングル世帯やDINKS世帯であれば、医療保険の入院給付金は日額5,000円程度でも支障がないと言われてますので、低価格で手厚い保障を受けられる『CURE(キュア)』はおすすめの医療保険と言えるでしょう。

※7大生活習慣病・・・(1)がん(悪性新生物・上皮内新生物)(2)糖尿病(3)心疾患(4)高血圧性疾患(5)脳血管疾患(6)肝硬変(7)慢性腎不全
※靭帯観血手術・・・損傷した靭帯を外科的に再建する手術などを指す。

画像の説明

資料請求をして疑問点が出てきたら無料相談をおすすめします。

パンフレットを取り寄せて自分で検討をしようと思っても、なかな内容がよくわからないものです。

そんなときは無料相談を利用してみましょう。下に紹介する無料相談のサービスは、実際に私が体験して、しつこい勧誘などもなく、安心しておすすめできるとことです。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

無料相談をご検討中の方は、お急ぎの相談をおすすめします。
無料相談サービスをとりやめる会社が増えてきています。
今月になってとりやめた会社「保険見直し本舗」「保険のGIFT

キャッシュバック

内部リンク