3っつのステップバナー

医療保険が心配な方は

医療保険とは

医療保険とは、保険に加入しているあなたが病気やケガなどで入院したり手術をしたときに、あらかじめ決められた金額(1日入院で5000円とか10000円とか)の入院給付金や手術給付金を保険会社から受け取れる保険です。

画像の説明

平均寿命が高くなるに従って、生命保険は今まで主流であった死亡保障よりも、医療保険に力を置き始めています。つまり高齢化の進展に伴い、死亡に対するリスクよりも長生きした時の医療費に対するリスク、つまり長生きリスクや介護リスクに備えるための保険に主眼を置きはじめているというわけですね。


都市化・核家族化が進み高齢者だけの世帯が急激に増える傾向があります。高齢化家庭においては、死亡に対するリスクよりも、長生きをすることによる医療や介護のリスク、家計にあたえるリスクのほうがより大きな問題となってくるというわけです。


今までの医療保険の問題点

大手の日本生命や第一生命では、今まで医療保険については、主契約である定期保険や終身保険の特約型として医療保険がついているというのが主流でした。医療保険自体が主契約ではなかったのです。


このような特約型の医療保険の場合、主契約の払い込みが終了すれば、その後の保障はなくなってしまいます。つまり60歳で保険料の払い込みが満了の場合、その後は特約型の医療保険では新しく継続の手続きをしなければなりません。


つまり医療保険を残したければ、原則的には特約型保険料を一括で払い込む必要があるわけです。

画像の説明

この一括で払い込む保険料は高額なものになります。入院日額5,000円の給付で、100万円ぐらいの出費がかかります。主たる家計を維持するご主人が、60歳で定年になって年金収入が入る65歳までの間、ほとんどパート的な収入しかないような状態の時に、特約型の医療保険を継続するためには、100万円もの一時金を支払わなければならないのですよ。



このような保険の内容について、あなたは知っていましたか?このような説明をあなたに保険を勧めた保険レディーの方はして下さいましたか?


医療保険の選び方

[check]①一回の入院で何日まで保障されているのか
[check]②何日めの入院から保険料が支払われるのか
[check]③入院1日に対していくら保険料が支払われるのか
[check]④通算で何日の入金期間が保障されているか
[check]⑤手術給付金や、診断一時金の金額と回数はいくらなのか
以上の5点についてチェックする必要があります。


最近の医療]期間の傾向として、入院期間を短くして、通院により治療をしていくという傾向が多くなりつつあります。つまり今まで多くみられた入院5日以降に入院保険金の出るような保険では、実態に合わなくなってきているということです。


最新の医療保険には、このような医療機関での診療の変化の傾向などが反映されている商品も数多くの種類が存在します。だけどどの商品があなたにとって良いとは、一概には言えません。


最近人気の(平成23年3月現在)医療保険ランキングを紹介しています。しかしここで紹介している医療保険ランキングはあくまで一般的なものです。


大切なことはあなたにとって一番合った医療保険をあなたが内容をよく吟味して決めることです。そのための、安心して相談できる無料相談サービスを利用してよくわかっている専門家へ相談をすることです。当サイトの管理人自らが生命保険無料相談を体験した結果から厳選した保険料見直し相談のランキングを紹介しています。実際に体験した結果から評価したランキングですので、あなたの保険選びにどうぞお役立てください。

内部リンク