健全な生命保険会社を選ぶには?

加入する保険の種類や内容とともに検討しなければならないのは、その保険の会社が安定した経営基盤を持っているかどうかということです。
もし加入した保険会社が破綻したりした場合に、もしかすると保険金が支払われないというような事態になるかもしれませんからね。

それでは、保険会社の経営基盤の安定性はどのように判定するのでしょう。

わかりやすい指標の一つにソルベンシーマージン比率(支払い余力の比率)があります。これは、大災害や株の大暴落などの通常の予測を超えて発生するリスクにどのくらい対応できるのかを判断する指標です。対応能力の指標ですから、数字が大きいほど余裕があるというものですが、もし200%を下回ってしまうと監督当局から行政指導を受けてしまうそうです。200%は最低限のラインでしょうから、最低でも2倍の400%以上 はある保険会社を選ぶことが目安になると思います。

ソルベンシーマージン比率については、いろいろな保険会社で紹介されていますし、無料相談の会社でも一覧表にして紹介されていますので、
定期的にチェックしてみることを大切だと思います。

ちなみに最近のソルベンシーマージン比率を紹介します。

画像の説明




内部リンク