3っつのステップバナー

生命保険料の見直しを行い保険料を安くしたいかたは

保険料を安くしたい時に気をつけること

画像の説明

毎月なんとなく払っていると気付かないこともありますが、実は生命保険というのは、とても高い買い物ですね。

一生に払う費用のうち、生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物なんです。ご主人と奥様の保険料の支払いを合わせると、実はマイホームよりも高い買い物であるかもしれません。だから多くの方が、当然「保険料は安い方がいい」、「保険料を安くしたい」と考えますよね。


しかし、「保険料を安くする」と言っても、単に、毎月支払う保険料が安い生命保険に加入しさえすれば良いという訳ではありませんね。あなたにとって、本当に必要な保障が得られていなければ、いくら保険料が安くなっても、生命保険としての意味は無いわけです。



安心して保険料を下げるためには?

保険料を安くしたい場合には、「不必要に高額な保険に加入しない」こと、「削ってもよい部分(保険以外でもカバーできる部分)だけを削る」、ことなどによって、必要な補償を確保しながら、安全に保険料を下げる必要があります。ところがここで課題が発生してくるわけです。


[check]「月々わずか○○円」と宣伝されている保険料が、あなたにとって本当に安いのでしょうか?
[check]何年か経つと保険料が高くなったりするのではないでしょうか?
[check]高齢になると保障内容が薄くなったりすると、歳をとったときに大変ですね。支払いは60歳までですか?それとも一生支払うタイプですか?
[check]支払い総額はいくらになりますか?


このような内容について、あなたは正確に答えられますか?きっと多くの方が答えられないでしょう。いえいえ、心配には及びません。あなただけではありません。保険に入っている多くの人が、きっとよくわかっていないだろうと思います。


そのような場合に役に立つのが生命保険無料相談サービスです。生命保険無料相談サービスでは、あなたにとって本当に必要な生命保険を、納得できる保険料で契約するために、専門知識が豊富な専門のFPが無料であなたの生命保険の見直しに協力してくれます。

画像の説明

生命保険の無料相談の申し込みをして、お金のプロフェショナルであるFPに相談することで、あなたの現在の生命保険に対する不安を解消することができます。FPは客観的な立場にたってアドバイスをくれます。

保険のことはよくわかっているから生命保険無料相談は不要というかたには

このサイトをごらんの中には生命保険についてはよくわかっているから、生命保険料を安くするための資料請求だけしたい、という方もいらっしゃることでしょう。そのような方にお勧めのサイトを紹介します。

こちらでご紹介するサイトはご自分の希望する条件を入れて、保険内容や見積もりの比較をして資料請求をすることができます。

私も数社資料請求をして見ましたが、いずれの会社も資料請求をしたからといって、しつこく連絡が入るようなことはないので、安心して資料の検討をすることができます。

とりあえず資料請求をしておいて中身を見た後に、あらためて詳しく聞きたいところやわからないところについて、生命保険無料相談を利用するというのはは賢い使い方だと思います。

3っつのステップバナー



内部リンク