保険料の支払いができなくなってしまったら

様々な事情で保険料の支払いが難しくなる場合があると思います。それらの事情により、保険料の支払いができなくなったり、支払いが遅れたりした場合はどのような対処をとればよいのでしょう。

実は支払いができなくなった場合には、「猶予期間」という方法によって、保険の契約は守られることになります。ただし無期限ではありませんから注意が必要です。
この「猶予期間」内に保険料の支払いを行えば、保険契約は継続するのです。猶予期間は保険料の払い方で変わってきます。

例えば保険料の支払いが月払いであった場合は、払い込みの月の翌月の初日から末日までつまり少なくとも1ヵ月は猶予期間があります。

半年払い、年払いの場合にしていた場合葉は、払い込み期月の翌月初日から翌々月の月単位の契約応答日までの猶予期間があります。
契約応答日とは月違いの契約日のことです。契約応当日が2月、6月、11月の各末日の場合には、それぞれ、4月、8月、1月の各末日までとなります。

それでは、この猶予期間内を超えて保険料を支払えなかったらどうなるのでしょうか?この場合は、もしあなたが加入している解約返戻金の金額が、保険料を上回っていれば自動振替貸付により、解約返戻金の範囲内で保険料が立て替えられます。

ただしこの場合は立替ではなく、貸付ということになりますので、通常支払っている保険料より割高の金額(貸付利率を加えた金額)を、あとで返済する必要があります。
しかし解約返戻金が足りない、あるいはないという場合には残念ながら契約は失効してしまうことになります。

このような事態になってしまわないよう何らかの理由で保険料の支払いが遅れたり、払えない状況になった場合は、まず加入している保険会社の担当へ相談することをお勧めします。どのような対処をすればよいか教えてくれます。

ところで、もし失効してしまった場合は、どうしようもないのでしょうか?

実は、失効してしまってもなんとか復活させる方法はあるのです。 通常3年以内であれば契約を復活させることができるんです。ただし復活に際しては、その時点で改めて健康についての告知が必要なうえ、保険会社によって、利息も必要となります。だからやはり、失効しないように注意することが一番でしょう。猶予期間や失効、復活については約款や契約のしおりなどに説明がありますのであらかじめ確認しておくとよいでしょう。


ここがポイント
保険に関して困ったことがあったり質問があるときは、無料相談を利用してFPさんへ相談するといいですよ。無料で相談しても、しつこい勧誘や電話は全くありません。

安心して相談できるのはイエローカード制度を採用している会社です。
ここの会社では、もししつこいFPがいたとしても、「あのFPイエローカード」と会社に連絡すれば、会社がそのFPに厳重に注意してくれます。

イエローカードを採用していて安心して相談できるのはこちらの会社です。

画像の説明

内部リンク