今回面談した保険giftのFPさんの採点表

保険の無料相談をするときに、私が判断の基準にしている5つのポイントを紹介します。
信頼できる相談相手を選ぶために、最低この5つのポイントはチェックしましょう。

総合評価画像の説明

①すぐに連絡が取れるか

契約の時だけマメであとは連絡がなかなかとれないのでは困りますね。質問があるときはどんどん連絡をとってみましょう。

評価:画像の説明

  • 保険のgiftの場合:担当してくれたFPは電話の受け答えにちょっと難点があると思います。なんだかちょっと迷惑そうなのではないかとう印象をもちました。電話の応対は大切だと思います。面談で話していると、きちんと丁な受け答えをしてくれて、感じが悪い訳ではないのに、もったいないと思いました。
  • 電話をすると大抵はつながります。忙しい時は「ちょっと取り込み中なので、あとから掛け直します。」と、一応は電話には出てくれます。



②相談をしやすい人か?脅かすような説明がないか?

自分の言いたいことだけをしゃべって、こちらの言い分を半分も聞いてくれない人がいます。そのような人には、相談はしづらいですね。ただしそのような人の場合、いろいろと面白い知識を持っていたりするので、情報だけは頂きましょう。

評価:画像の説明

  • 保険のgiftの場合:聞けばいろいろと教えてくれるのですが、聞かないと一般的なことしか教えてくれません。質問するためには、こちらも知識が無いとなかなか質問はできないものです。
  • とりあえず疑問におもっていることを、ぶつけてみました。同じ内容を他のFPにもぶつけてみたところ、同じようなアドバイスがかえってきましたので、ひとおおりの知識は持っているようです。
  • こちらの知識がある場合や、他のfpとの面談の内容が正しいかどうか確認するときには、相談してみてもいいかなという、印象を持ちました。



③保険に対する専門知識は?

最も重視しなければならない項目ですね。今回面談した保険のgiftのFPさんは医療保険については詳しく知っているようでした。

評価:画像の説明

  • 生命保険よりも特にがん保険や先進医療の保険について詳しい方で、医療保険について詳しく教えて下さいました。何人かのFPに相談していると、FPによって得意、不得意分野があるのが分かってきます。複数のFPに相談してあなたが要求している内容にもっとも的確な回答をしてくれるFPをさがすのが的確だと思います。
  • ただし私が一番興味のある、ライフスタイルを通してどのように保険と年金などの補償をどのように考えるかについては、具体的な数字を挙げての説明はして頂けませんでした。とりあえずメールで保険の内容が送られて来ただけの状況になていますので、こちらからアプローチをしていろいろと聞いてみようかと思います。



④保険料の支払いに期間に関してわかりやすく説明してくれるか?

保険に入るときは、つい、毎月の支払がいくらになるのかばかりが気になって、いつまで支払わなければならないのかという点について忘れがちです。例えば60歳を過ぎても払わなければならないのであれば、定年退職後の収入が無いときに支払いをしなければならないということです。


評価:画像の説明

  • 支払い期間については、一般的な料金を見せて、「何歳の時に払い終えようとしたら、毎月の保険料はいくらになりますよ。」程度の説明でした。
  • 確かにそのとおりなのですが、こちらとしては60歳で払い終えると年金を受給するまでの間は払わなくてもいいんだ。とか、65歳まで払うんだったら、60歳から年金の受給が始まるまでの収入が無い間はどうやって払おうかということは、なかなか面談の最中には気がつかないものです。
  • つまりは相談する側のライフプランまで突っ込んだ相談相手としては、適当ではないと判断できます。


⑤あなたの頭の中を整理してくれるか?

保険には様々な種類があります。知れば知るほど、どの保険にも入っておいたほうがいいのではないかたと思えてきます。しかしそういうわけにもいきませんね。あなたに保険を進めてくれる人は、あなたの優先順位をつけて提案してくれますか?担当者が売りたい商品をすすめられているのではないですか?

評価:画像の説明

  • 「このくらいの保険料でこのくらいの保険に入っていおけば大丈夫ですよ」などといってごまかす人は×です。残念ながら、今回のFPさんは一般的な知識と保険商品については説明をしてくれましたが、相談をしている私の立場に立って、ライフプランまで一緒に考えましょうといった姿勢は見えませんでした。


内部リンク