保険と税金のお話

「確定申告」のシーズン到来です。納め過ぎた税金を、しっかり取り戻しましょう。所得控除に必要な書類の中には、発行に時間がかかるものもありますので、確認の上、早めの準備をお勧めします。納税者が生命保険料や個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを生命保険料控除といいます。

確定申告の仕組み

確定申告の計算の流れは、以下のようになっています。

(所得金額合計-所得控除合計)×税率=所得税額
 所得税額  -源泉徴収税額=±納税額
 ※マイナス分が還付されます。

しっかり税金を取り戻すためには、所得控除額と源泉徴収税額がポイントです。それぞれの金額を差引くためには、各金額を証明する書類が必要となります。




対象となる生命保険料は、保険金などの受取人のすべてを自己か又は自己の配偶者、その他の親族とする生命保険契約等の保険料や掛金です。
この場合の生命保険契約等からは、生命保険会社等と契約した保険契約のうち保険期間が5年未満で一定のもの及び外国生命保険会社等と国外で締結したものなどが除かれます。




対象となる個人年金保険料は、個人年金保険契約等の保険料や掛金です。 この個人年金保険契約等とは、生命保険会社等と契約した個人年金保険契約などのうち一定のものをいいます。生命保険料控除を受ける場合には、確定申告書の生命保険料控除の欄に記入するほか、支払金額や控除を受けられることを証明する書類を確定申告書に添付するか又は確定申告書を提出する際に提示してください。 ただし、生命保険契約等で年間保険料が9千円以下のものと年末調整の際に控除を受けたものは、その必要がありません。



生命保険料控除の控除額の計算方法

 生命保険料控除の控除額は、生命保険料と個人年金保険料についてそれぞれ次の表の計算式に当てはめて計算します。この方法で計算した金額の合計額が生命保険料控除額です。

年間の支払保険料の合計 控除額
2万5千円以下 支払金額
2万5千円を超え5万円以下 支払金額÷2+1万2,500円
5万円を超え10万円以下 支払金額÷4+2万5,000円
10万円超 5万円