ライフプランニングが必要なわけ

ライフプランニングは、私たちがこれまでに生きてきた中で、ごく普通に行っていることです。ただし、問題なのは、それを普段あまり意識して計画的に行っていないということです。保険料の見直しをするのは、保険料だけを節減するのが目的ではなく、人生のお金の流れを想定して、そこから「じゃあ保険はどうしよう」ということが本筋でしょう。そのためにはライフプラニングの正しい知識を持ち、意識して計画的に行っていくことが必要だと思います。

それではライフプランニングはどのように作成すればよいのでしょう。
(参考:i-finace:http://www.ifinance.ne.jp/

ライフデザインとライフプラン

ライフプランニングにおいて、「ライフデザイン」と「ライフプラン」は重要です。ライフデザインとは、その人の価値観に基づく生き方であり、また人生全体の目的を決める元になるものであるのに対して、ライフプランは、個人や家族の長期の人生計画といえるでしょう。

ライフスタイルとライフスステージ

ライフプランニングにおいて、「ライフスタイル」と「ライフステージ」 も一つの大きなポイントになっています。ライフスタイルとは、個人の生活のスタイルをどのようにするかであり、ライフステージとは、年代別の生活状況です。

ライフプラン表(ライフイベント表+キャッシュフロー表)

ライフプランニングにおいては、将来の見通しをわかりやすくするために、「ライフプラン表」を作成します。一般にライフプラン表は、長期にわたる予定を記した「ライフイベント表」と、長期にわたるお金の状況を予測した「キャッシュフロー表」から構成します。

通常、ライフプランニングを行うにあたっては、ライフデザインやライフスタイルを検討することから始めます。そして、これらがある程度固ったら、次に具体的なライフプランを立てることになります。一般にライフプランには様々な項目(生活、キャリア、趣味、夢・・・)があり、また形式もいろいろなものがあります。お金に関するライフプランを立てる場合には、「ライフイベント表」と「キャッシュフロー表」の2つから構成される「ライフプラン表」を作成することになります。

ライフイベント表とは何か?

一般にライフイベント表は、個人や家族の長期にわたる予定を記した時系列の一覧表のことをいいます。

  • 個人や家族の将来の予定表(1年単位)
  • 対象期間(寿命まで、人生の全期間)
  • 作成基準(暦年基準など)
  • 主な記載項目
    • 各人の名前、年齢
    • 各年度毎の各人のイベント(予定)

キャッシュフロー表とは何か?

一般にキャッシュフロー表は、個人や家族の長期にわたるお金の状況を予測した時系列の一覧表のことをいいます。

  • 将来の収支や残高などの予想表
  • 資産運用や保険、住宅ローンなどを考える場合の基礎資料
  • 物価上昇率や金利などは適宜設定
  • キャッシュフロー上の検討資金
    • 日常生活、結婚、住宅、教育、老後の資金
  • 主な記載項目
    • 年間収入(給与、年金、満期金・・・)
    • 年間支出(生活費、教育費、住宅費・・・)
    • 年間収支(年間収入-年間支出)
    • 貯蓄残高(預貯金や投資信託、保険などの金融資産)

このようなライフプランをあなた一人でできますか?

普段、自分のことは漠然としか考えていないものですね。ライフプランを考えるということは、それを具体的な形にして、計画表に落とし込んでいくという作業です。しかし意外に自分のことは自分でわかりにくいもの。しかも作業自体もなかなか大変そうですよね。客観的にお金の専門家の視点から、あなたのライフプランを本気になって手伝ってくれる人が必要です。それが無料の相談でできるのが、保険料見直しの無料相談です。だから私はあなたに無料相談をお勧めします。

内部リンク